時短術

お名前シールとお名前スタンプは結局どっちがいい?耐久性やコスパも徹底比較。

お名前シールとお名前スタンプ結局どっちがいいの?徹底比較

この記事では、入園準備の必須アイテムであるお名前シールとお名前スタンプは結局どっちがいいのか徹底比較しています。

お名前シール」と「お名前スタンプ」はほとんどの人が一度は購入を検討しているのではないでしょうか?

お名前スタンプとシール、結局どっちがいいの?

種類が多すぎて選べない

そこで、今回はフルタイムワーママの私が1人目保育園準備で両方を使ってみてどうだったのか比較した結果をご紹介します。

この記事でわかること

お名前シールを使うべき人

お名前スタンプを使うべき人

お名前シールとスタンプの最適な使い方

色々な観点でお名前シールとお名前スタンプのどっちがいいのか徹底比較します。

こんな人におすすめ♪

入園準備を最低限にしたい人

本当に使える名前付けアイテムを探している人

種類が多すぎて選ぶのに困っている人

入園準備で必ずと言っていいほど用意するか考える名前付けアイテム。

結論から言うと

やっぱりどっちも使うのがいい!

お名前シールとお名前スタンプの強みや弱みを比較して、最適なアイテム選びの役に立てば嬉しいです。

\必要最低限がお得に揃う!/

入園準備の時短に役立つ可愛い名付けグッズ【お名前シール製作所】

お名前シールとお名前スタンプ、結局どっちがいいの?

悩むママ
悩むママ
お名前シールとお名前スタンプ、結局はどっちがいいの?

入園準備の必須アイテムである「お名前シール」と「お名前スタンプ」

どっちがいいのか。

こまり

結論から言うとどっちも使うほうがいい

どっちもないと対応できないわけでないです。

両方実際に使ってみて、どっちかがあればとりあえず名前つけ自体はすべての保育園グッズに対応できました。

ただ、耐久性やコスパなどの観点も考えると両方使ったほうが結果的に後がラクということがわかりました。

\必要最低限がお得に揃う!/

入園準備の時短に役立つ可愛い名付けグッズ【お名前シール製作所】

こまり

どっちも使ってお名前シールとお名前スタンプの強みと弱みがよくわかったので、比較していきます!

お名前シールのメリット/デメリット

お名前シールのセット

お名前シールのメリットとデメリットはざっくりこんな感じです。

  • イラスト、デザインが豊富
  • 湾曲したアイテムにも簡単名前つけ
  • すでに書かれた名前も隠せる
  • すべてのアイテムに対応するには種類が必要
  • 特定のサイズだけなくなるが、追加は全サイズ
  • 使い捨てアイテムにはもったいない
  • 高コスト

お名前スタンプのメリット/デメリット

お名前スタンプのセット

お名前スタンプのメリットとデメリットはざっくりこんな感じです。

  • シンプルで持ち物のデザインの邪魔しない
  • コスパ最高
  • 使い捨てアイテムにも気軽に使える
  • 使い方はポンと押すだけ一択
  • 湾曲したアイテムはコツがいる
  • 名前つけのやり直しがかなり難しい
  • 文字のサイズやバリエーションはそこまでない

名前つけの目的で比較

お名前つけをどのような目的でやるのかで比較します。

比較シールスタンプ
自分の持ち物がわかりやすい
お下がりの服に対応×
パパも簡単

子どもが自分の物だとわかるようにしたい

保育士と園児

名前つけもただ保育士さんが子ども持ち物を管理するためだけでなく、子ども自身が自分の持ち物だとわかるようにすることは重要な役割です。

子どもの「自分でできる」力を育むためにはお名前シールを使うのがおすすめです。

お名前シールにはイラスト入りやデザインが豊富にあり、お気に入りのデザインを見つけることができます。

0~2歳の低年齢のお子さんには興味のあるイラスト

3~5歳のお子さんには自分で選んでもらったデザイン

お名前シールを使うことで持ち物にも愛着が持てるようになりますね。

お下がりの服にも名前付けをしたい

出典:写真AC

保育園の洋服はすぐ汚れるし、低年齢だとすぐにサイズアウトしてしまうのでお下がりの服を使う人も多いと思います。

すでに他の子の名前が書かれている洋服に対して名前つけをするならお名前シールがおすすめです。

意外と子どもはお下がりの服を気にしています。

こまり

私は体操着の名前がマジックで黒く塗りつぶされていてショックだったのが強く記憶に残ってます。

他の子の物だったことができるだけわからないように、名前つけをしてあげることが大切です。

お名前シールの大切さについてMotto!
お名前シールを子どもに使いたい4つの理由

子どものためにお名前シールを使ってほしい4つの理由
お名前シールは必要ない?→子供のために使ってほしい4つの理由。 入園・入学準備で持ち物に名前つけするのに役立つアイテムとしてお名前シールがありますね。 お名前シールは字に自信がなくても綺麗に名...

パパにも名前つけをやってほしい

仕事復帰してからママは家事に育児に仕事も加わって本当に忙しいです。

だからこそパパにも名前つけをやってほしい!という人はお名前スタンプがおすすめです。

お名前シールは名前つけをする素材によってはアイロンが必要なケースもあります。

家事初心者でも、めんどくさがりでもやりやすいのがお名前スタンプのいいところ♪

子どもが持ち物を認識できる▶お名前シール

お下がりの服にも対応▶お名前シール

パパでもやりやすい▶お名前スタンプ

名前つけできる素材の種類で比較

名前つけをする入園グッズの素材にどれくらい対応できるかで比較します。

今回は私が使用した【お名前シール製作所】のお名前シールとお名前スタンプを例にまとめます。

比較防水シールアイロンシールスタンプ
プラスチック×
ビニール×
×
布(淡色)×
布(濃色)×
木材×

具体的な貼る素材(道具)別の相性については、公式サイトで確認してみてください。

公式サイトで素材との相性をチェックする

お名前スタンプは丸い形のプラスチック用品が難関

お名前スタンプはプラスチック用品にも名前つけはできます。

ただ、コップや水筒など丸みのある物への名前つけはかなり難しい…

こまり

家用のコップで練習してみましたが、うまくできませんでした。

結局シールなどにスタンプを押すことになるので、専用のシールがあったほうが確実です。

それぞれの素材にしっかり対応▶お名前シール

あらゆる素材に柔軟に対応▶お名前スタンプ

名前つけの耐久性で比較

いろいろな素材への名前つけに対しての耐久性を比較します。

実際に0歳児の保育園グッズへの名前つけをして1年間使用した結果です。

比較防水シールスタンプ
タオル・バスタオル
コップ袋
コップ・マグ
※ラミネートが剥がれた
洗濯タグ・ネームタグ
お食事エプロン
(ポリエステル)
ビニールケース
靴下
※シールがちぎれた

※1ヶ月で消える

基本的に素材との相性を考慮して名前つけをすればどちらも問題なく使用できてます。

より耐久性を求めるなら、ネームタグがついている物を選んで名前つけをすれば引っ張られたりすることもないので耐久性が上がります。

お名前シールは素材にしっかり対応できるが剥がれやすい場合も

ストローマグのフタに貼ったお名前シール

お名前シールは様々な素材に対応して貼れるメリットはあります。

一方で、摩擦や日々の洗濯によってシールが剥がれてしまったりヨレてしまうこともあります。

素材との相性をきちんと確認し、正しい方法で貼り付けることで剥がれにくくはなりますが、これがまた判断が難しい。

シール選びに悩んだり、めんどくさく感じてしまうかもしれません。

靴下の名前つけはどっちを選ぶか悩ましい

靴下の土踏まず部分に貼り付けたお名前シール

お名前シールとお名前スタンプの両方を使って靴下に名前つけをしてみたのですが、これがまた難しい。

どっちもメリットとデメリットが大きくて、絶対こっち!というのは決まりませんでした。

土踏まず部分に貼り付けたお名前シールを伸ばした様子

お名前シールだと引っ張ったときにちぎれてしまいました。

でも、ちぎれていても洗濯で剥がれるようなことはなかったので一度つければサイズアウトまでそのままでOKでした。

お名前スタンプだと簡単に押せる一方で1ヶ月くらいで読めなくなってしまいました。

サイズアウトまでの3ヶ月の間に2~3回押し直す必要があります。

名前つけの簡単さで比較

名前つけをしていてやっぱり重要なのが簡単さ。

基本的にはどちらも簡単につけることができますが、手間とコツが必要な素材がいくつかあるので自分の負担を少ない方を選んでみてください。

比較シールスタンプ
洗濯タグ簡単!簡単!
タオルアイロンが面倒簡単!
お昼寝布団簡単!1人だとずれることも
※大きい素材は難しい
コップ・マグ簡単!無理…
靴下アイロンが面倒簡単!
肌着アイロンが面倒簡単!

ノンアイロンシールは子どもでも簡単

お名前シールの中でもアイロンが不要なタイプであれば、子どもでも簡単に名前つけができます。

自分の持ち物への名前つけも子ども自身がやることで、「自分でできる」自信がつくとともに愛着も湧きますね。

コップなど丸い形は絶対お名前シール

コップなど丸い形の物への名前つけは、圧倒的にお名前シールの方が簡単です。

これだけのためにお名前シールを用意してもいいほど。

アイロンが必要な素材はお名前スタンプの方が簡単

お名前シールの中にはアイロンが必要な物もあります。

その場合には、お名前スタンプのほうが簡単に名前つけができます。

洗濯タグ▶どっちも簡単!

コップ・マグ▶お名前シール

タオル▶お名前スタンプ

靴下▶お名前スタンプ

肌着▶お名前スタンプ

名前つけの仕上がりで比較

お名前シールとお名前スタンプの名前つけの仕上がりの良さで比較します。

これは名前つけの簡単さに比例して、簡単に名前つけができるほど綺麗に仕上げることができました。

基本的に素材の相性と正しい名前つけの方法でどちらも綺麗に仕上がります。

洗濯タグ▶どっちも綺麗!

コップ・マグ▶お名前シール

靴下▶お名前スタンプ

名前つけのコスパで比較

低年齢の子の持ち物への名前つけで気になるのがコスパ。

すぐサイズアウトしたり、どんどん増えていく持ち物に対して名前つけをしていくので、たくさんの量やサイズに対応する必要があります。

コスパで比較するなら、やっぱりお名前スタンプが安い!

子どもの人数が増えていってもお名前スタンプのスタンプ台は共有できるので、きょうだいがいればいるほどスタンプの方がお得です。

コスパ重視▶お名前スタンプ

お名前シールとお名前スタンプは併用が1番!

今回は名前つけの必需品であるお名前シールとお名前スタンプを使うならどっちがいいのか比較しました。

フルタイムワーママの私が2年間使用してみて感じたのは、やっぱりお名前シールとお名前スタンプは併用するのがいいということです。

必要最低限かつお得に両方を手に入れるにはお名前シール製作所の【お名前スタンプ名前つけ応援セット】がおすすめ!

お名前シール製作所の公式サイトか、楽天市場から購入が可能です。

入園準備としてお名前シールとお名前スタンプを用意して、簡単で便利に名前つけをしましょう!

このブログでレビューもしているのでぜひチェックしてみてください。

お名前シール製作所についてMotto!
お名前スタンプ名前つけ応援セットの口コミを見る

https://kosodate-update.com/review-name-seal/

こまり

SNSではブログの更新情報やお得情報を発信中!

子を持つ親同士としても仲良くできたら嬉しいです(*˘︶˘*).。.:*♡

気になる方は、大黒柱ママこまりをフォローしてね♪

Twitter→@comarimama

Instagram→@comarimama