育児アプリ

ぴよログの引き継ぎ方法。引き継がれないデータに注意!対処法も解説。(機種変更、破損、紛失)

ぴよログデータの引き継ぎ方法

この記事ではぴよログの引き継ぎ方法を画像付きで解説します。

こまり

注意点があるので、手順は省略せず順番にやってくださいね。

子どもの大切な育児記録がつまったぴよログ。

スマホの機種変更や破損・紛失の際に、ぴよログではどのように引き継ぎ作業をするのかをお伝えします。

ぴよログの引き継ぎを実際にやってみたところ、一部のデータが引き継がれないことがわかりました

この記事を事前に読んで、バックアップ機能に任せるところと自分でメモして残しておくところを確認してください。

【注意点】ぴよログで引き継がれるデータは共有されるものだけ

ぴよログで引き継がれるデータは育児記録など共有できる内容だけです。

つまり、個別の設定や端末内の育児記録の履歴(最後に記録した値など)は引き継がれないということです。

共有されているデータ→引き継がれる

共有されていないデータ→引き継がれない

うっかりそのままぴよログを他の端末に引き継いでしまうと、「あれ?なんか違う。」ってなります。

こまり

育児中って事細かく覚えてることがなぜか前よりできなくて、元に戻したいんだけどどんな設定だったっけ…ってなりがちです。

ぴよログを1人で使っている、どのデータが共有されるものなのかよくわからないという方は、≪ぴよログで共有されるもの≫が書いてある記事を読んで確認してください。

ぴよログはどこまで共有されるの?
ぴよログの共有方法と共有される内容。実は意外と共有されない?この記事ではぴよログの共有方法と共有される内容についてまとめています。ぴよログで共有設定をするとどこまで共有されるのか、共有されないものにはどんな項目があるのかがわかります。これからぴよログを使う人、ぴよログを使ってて設定を変えてみたい人はぜひチェックしてみてください。...

ぴよログの引き継ぎ方法は2つ

ぴよログでは育児記録の引き継ぎ方法が2つあります。

  • Googleで引き継ぎ 【おすすめ!】
  • パスコードで引き継ぎ

このブログではGoogleで引き継ぎをするのをおすすめしています。

理由は、スマホの破損・紛失の際にも柔軟に対応できるからです。

パスコードで引き継ぐときに発行する「ワンタイムパスコード」には有効期限があります。

突然スマホが壊れてしまったり無くしてしまったりしても引き継ぎがしっかりできるように、Googleアカウントを使ってバックアップを取るようにしておくことを強くおすすめします。

Googleのアカウントを持ってない方は公式サイトから作成しましょう。

新しくGoogleアカウントを作りたくはないという方は、ユーザIDとワンタイムパスコードをメモ帳などに書いておきましょう。

「Googleで引き継ぎ」を選んで引き継ぎをしよう!

ぴよログのデータを引き継ぐための事前準備

ぴよログで引き継げるデータと引き継げないデータがわかったところで、引き継ぎのための事前準備をしていきます。

引き継げないデータ用に「スクリーンショット」

引き継げないデータはスクリーンショットを撮って保存しておきます。

設定のうち覚えてられないと思うものは全部スクリーンショットを撮ると良いですよ。

なくなると困りそうな項目だけは押さえておきましょう。

保存したい項目
  • 設定項目の並び替え
  • 記録
  • 食事まとめの表示内容

スクリーンショットが撮り終わったら、画像はスマホの端末の中ではなく、クラウド上に保存しておきます。

こまり

端末だけに残しておくと、写真データが引き継げないときに見れなくなってしまうので気をつけてね!

Googleアカウントをお持ちの方はGoogleドライブに保存しておくとデータの管理が簡単です。

Googleで引き継ぎする方法【おすすめ!】

では、本題のぴよログの引き継ぎ方法について。

Googleで引き継ぎを選んだ方の手順です。

引き継ぎ元の端末でGoogleアカウントリンクでバックアップ

引き継げるデータはぴよログの機能を使ってバックアップを取ります。

バックアップ方法は超簡単!

Googleアカウントでログインするだけです。

簡単2ステップ
  1. ぴよログの設定タブから「アカウントリンク」を選ぶ。
  2. ログインを押して、Googleアカウントでログインする。

画像付きで手順が知りたい方は、別の記事で詳しく説明しているのでそちらを見ながら進めてください。

ぴよログのバックアップ方法

引き継ぎ先の端末でGoogleアカウントでログイン

育児記録 - ぴよログ

育児記録 – ぴよログ

PiyoLog Inc.無料posted withアプリーチ

引き継ぎ先の端末にぴよログを新たにダウンロードします。

ぴよログのダウンロードはこちら

ぴよログトップ画面

ぴよログのトップ画面で「データ引き継ぎ」をタップします。

ぴよログトップ画面でログインをタップ

画面の1番下のGoogleアカウントで引き継ぎの「ログイン」をタップします。

そうするとGoogleのログイン画面が表示されるので、前の端末で登録しておいたGoogleアカウントでログインします。

これで引き継ぎは完了です。

パスコードで引き継ぎする方法

次はパスコードで引き継ぎをする方法の説明です。

パスコードは有効期限があるので、すべての作業は引き継ぐ際に始めてください。

引き継ぎ元の端末でパスコード発行

引き継げるデータはID&ワンタイムパスコードを発行して引き継ぎの準備をします。

簡単3ステップ
  1. ぴよログの設定タブから「ID&ワンタイムパスコード」を選ぶ。
  2. 「パスコードを取得」を押す。
  3. ユーザIDとワンタイムパスコードをメモする。(またはスクリーンショットを撮ってクラウド上に保存する。)

1.ぴよログの設定タブから「ID&ワンタイムパスコード」を選ぶ。

ぴよログの1番右の設定を選び、ID&ワンタイムパスコードをタップします。

[設定]>[ID&ワンタイムパスコード]をタップします。

2.「パスコード取得」を押す。

画面の「パスコードを取得」をタップして、ワンタイムパスコードを発行します。

3.ユーザIDとワンタイムパスコードをメモする。

パスコードが発行されたらユーザIDとワンタイムパスコードをメモします。

パスコード発行画面

QRコードも発行されるので、ユーザIDの代わりにQRコードを使うこともできます。

QRコードでの引き継ぎをする場合は、ID&ワンタイムパスコードの画面をスクリーンショットで保存しておきます。

スクリーンショットを撮った画像は、クラウド上に保存しておきましょう。

引き継ぎ先の端末でパスコード入力

育児記録 - ぴよログ

育児記録 – ぴよログ

PiyoLog Inc.無料posted withアプリーチ

引き継ぎ先の端末にぴよログを新たにダウンロードします。

ぴよログのダウンロードはこちら

ぴよログトップ画面

ぴよログのトップ画面にある「データ引き継ぎ」をタップします。

データ引き継ぎ画面

入力画面でユーザID(またはQRコード読み込み)とパスコードを入力して「送信」をタップしたら引き継ぎ完了です。

引き継ぎが終わったら設定をし直す

引き継ぎが終わったら、データがきちんと引き継がれていることを確認しましょう。

赤ちゃんの設定とお世話の記録が見られていれば引き継ぎは成功しています。

問題なく引き継ぎができているのを確認したら、次に設定タブから各種設定を進めていきます。

以上でぴよログの引き継ぎは完了です。

引き継げない内容に気をつけて作業を進めよう

ぴよログの引き継ぎ方法を紹介しました。

ぴよログでは個人で設定できる項目などは引き継がれないので注意が必要です。

引き継ぎ方法としてはGoogleで引き継ぎが機種変更以外にもスマホの故障・紛失時にも対応できておすすめです。

子どもの大切な育児記録のデータを無くしてしまわないように、スマホを新しくする際にはぴよログのデータは引き継ぎをしましょう。

引き継ぎをきっかけにぴよログの設定を見直してみませんか?

設定をきちんとすることで、今までよりも簡単に育児日記がつけられるようになりますよ。

次の記事▶︎ぴよログの使いやすさを追求したカスタマイズ設定方法

ぴよログについてMotto!
ぴよログに関する記事一覧

こまり

SNSではブログの更新情報やお得情報を発信中!

子を持つ親同士としても仲良くできたら嬉しいです(*˘︶˘*).。.:*♡

気になる方は、大黒柱ママこまりをフォローしてね♪

Twitter→@comarimama

Instagram→@comarimama

ミルクの調乳に「PW」

赤ちゃんも飲める安心・安全な天然水のウォーターサーバーなら「PREMIUM WATER」

ミルクの調乳もボタンを押すだけで簡単。泣いている赤ちゃんを待たせることはありません。

\子育て世帯にお得なプラン有り/
出産準備としてPREMIUM WATERを導入してみませんか?